Blog


お金を借りるのは短期的になら良いけど

怪我や病気のような急な出費を賄うためにまとまった金額が必要だ、というような事情であれば仕方がないとは思うが、それ以外の理由で消費者金融からお金を借りて返済に長期間かけるようなら借りない方が良いのではないだろうか?

当たり前だが消費者金融にお金を借りた場合、借りた金額だけではなく利息をつけて返さなければならないのだ。

利息の額は返済にかかる時間が長ければ長いほど金額がかさんでいくのだから、もし消費者金融からお金を借りた場合には少しでも早く返済を終えてしまわなければ、利息が重い負担となってのし掛かってくるだろう。

消費者金融から実際にお金を借りている人の中には、すぐにお金を返せるならはじめから借りないという人もいるかも知れないが、だからこそ怪我や病気のような事情がない限りは消費者金融からお金を借りるべきではないと私は考える。

今現在お金に困っている人が将来的に借りた金額以上を返せるほど状況が好転するとは残念ながら思えない。

他の消費者金融から借りたお金で借金を返すような泥沼に嵌まらないためにも、消費者金融からお金を借りるべきではないだろう。




初任給で購入した母へのプレゼント

希望していた不動産関係の仕事に就職し、それと同時に一人暮らしを始めました。
両親には寂しい思いをさせてしまったと今でも思っています。

私の希望通りの人生を歩ませてくれた両親に、少しでも感謝のきもちを伝えたくて、就職が決まったころから初任給で両親になにかプレゼントしようということは決めていました。

父は釣りが趣味なので、釣りに行くときのジャンパーを送ると決めていたので迷いはなかったのですが、母は目立った趣味がない人なので、プレゼントに困りました。

同じ女性といっても洋服の趣味も違いますし、家に飾るものも好き嫌いがあるのでためらいがありました。
結局、どのような洋服を着たときでも合わせやすいシステム手帳にしました。

実家から一人暮らしをしている場所までは電車で二時間ほどかかる場所でしたので、お出かけ気分で私に会いに来てくれるときにでも使ってもらえたらという思いで贈りました。

父のジャンパーも、母のシステム手帳もとても喜んでもらえ、とてもうれしいきもちになると同時に、両親に感謝のきもちでいっぱいになったことを覚えています。